社会貢献活動

ホーム > 社会貢献活動

東海建設の社会貢献活動をご紹介

名古屋中学校職業体験受入ました

名古屋中学校の生徒さんを23日5名、24日5名合計10名を職業体験として受け入れました。
両日とも同じ内容で、午前中は中部電力川越発電所敷地内にて当社が施工管理中の「メガソーラかわごえ新設のうち土木工事」の作業場で生コン均し作業体験と測量機器体験をしてもらいました。午後からは重機の操作を体験してもらいました。

名古屋中学校職業体験受入ました
生コン均しの作業体験は皆さん非常に興味を持ち、少々のコツを教えただけで丁寧に仕上げ作業をしてくれました。
名古屋中学校職業体験受入ました
次は測量体験です。2箇所の高さの違いを測量してもらいました。5mm間隔のスタッフメモリを真剣に読み取っていました。
名古屋中学校職業体験受入ました
午後からは資材置場にて重機の体験操作をしてもらいました。資格を持ったベテランオペレーターの指導のもと重機のアームを上下に動かしたり、右左へ旋回したり操作してもらいました。

名建協 なごや環境大学共育講座開催

「なごやの建設屋さんと環境の現場を訪ねよう!」と題した名古屋建設業協会 なごや環境大学共育講座の第1回を東海建設が企画・運営の中心となって平成28年5月21日に開催いたしました。受講者はは子供4名を含む計26名です。集合場所は名建協事務所前で、移動は中型バス1台を使用しました。
講座内容は中部電力川越火力発電所※1と、併設されている電力館テラ46※2、当社が施工管理中のメガソーラかわごえ新設作業現場※3見学です。

※1 燃料に液化天然ガスを利用し、クリーンな発電を行っております
※2 テラはラテン語で地球 46は地球誕生から46億年
※3 超大型の太陽光発電システム新設のうち土木工事を行っております

名建協 なごや環境大学共育講座開催
最初に川越火力発電所構内を見学です。川越電力館テラ46の女性スタッフ1名がバスに乗り込みました。
名建協 なごや環境大学共育講座開催
発電所構内見学に出発!!
15分ほど走行しながら発電所の説明を受けました。
名建協 なごや環境大学共育講座開催
発電所見学後集合写真を1枚 
ハイポーズ!
電力館テラ46の7階川越展望サロンへ移動しメガソーラかわごえ作業所を一望し説明を受けました。
その後、テラ46館内を時間の許す限り自由に体験して頂き、講座の終了となりました。

西尾市立福地中学校「職場体験学習」を受け入れ

10月21,22,23日 西尾市立福地中学校より「職場体験学習」として2年生3名の生徒さんを受け入れました。みなさん建設業に興味があり、インターネットで建設業の情報を収集し、その中から当社を職場体験学習の場として選択したそうです。
初日は建設重機の体験操作、2日目午前中は当社施工中の道路工事、上水道工事、舗装工事の3現場見学、午後から地先境界ブロック据付、測量の体験作業、3日目はパソコンを使ってCAD・写真管理体験、護岸工事の現場見学と足場の設置作業体験を行いました。

西尾市立福地中学校「職場体験学習」を受け入れ
体験学習の初日は当社敷地内にある土場にて建設重機の体験操作です。運転資格を持った職員の付き添いで座席前に2本 左右に各1本の操作レバーと 足元にあるペダルを巧みに操作して、狙った場所にアーム先端を接地させる訓練をしてもらいました。今回も職場体験の中で一番人気が有った体験でした。
西尾市立福地中学校「職場体験学習」を受け入れ
2日目午前中は当社施工中の道路工事(港区船見町)、上水道工事(港区野跡)、舗装工事(港区潮凪)の3現場見学してもらいました。
午後からは地先境界ブロックの据付作業を実際の手順に沿って、測量~丁張掛け~採石基礎転圧~ブロック据付け~ブロック微調整~出来上がり写真撮影を一通り体験してもらいました。
西尾市立福地中学校「職場体験学習」を受け入れ
3日目の午前はパソコンを使用してCADと写真管理体験を行いました。CADは専門用語等、覚えなければいけない事が沢山有りかなり難しかったみたいでしたが皆さん頑張りました。午後は護岸工事(港区築三町)の見学を行いました。本日の作業内容は護岸補修の為の足場作りでした。その足場材を少々お借りしまして2スパンの2段を組立ててもらいました。
あっと言う間の3日間でしたが事故も無く無事に職場体験をしてもらいました。実際の作業をしていただく事は難しいので全てにおいて疑似体験と成ってしまいましたが、建設業の魅力を十分に体験して頂けたのではないかと思います。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

  • 企業情報
  • 施工事例
  • 東海建設の取り組み
  • 採用情報
  • これまでの事例をご紹介 社会貢献活動 地域とコミュニケーションをとり、つながっていきます!
  • ISO9001・ISO14001 品質管理と環境負荷低減の両面で更なるレベルアップを図って参ります。
ホームページ制作はこちら